睡眠の質は、睡眠時のパソコンやスマホが関係している!?

手放せない液晶関係といえば断然、スマホやパソコンですよね。もう、手放せないという方も多いのではないでしょうか。
外出先でも、スマホを忘れてしまうと落ち着かず、取りに行ってしまったり上の空という方もいるようですよね。

 

現代人にとって、ついつい気になってしまうパソコンやスマホなのですが、
やはり睡眠前についついチェックしている方が大半だといえるのではないでしょうか。

 

芸能人の情報が気になる、ネットであれがほしい・・・このように自分たちの気になる情報を睡眠前にチェックしている方が
現代人ではとても多いのです。
しかし、こういった睡眠前にスマホやパソコンをチェックしていると、睡眠の質を下げてしまう傾向にあるということは
知っていますか?
あまり気にしていない方もいるかもしれませんが、とても影響力を睡眠の質に与えています。

 

ずばり言いますと、脳にこのように刺激を与えるということは、睡眠前にはとってもおすすめすることができないんです!!

 

しかし、このおすすめできない状況を自分で自分の脳に与えてしまっている。
自分で自分の脳を苦しめているともいえるのではないでしょうか。

 

 

「ちょっと大げさじゃない?」

 

 

そんな方もいるかもしれませんが、それは間違いです!!

 

やはり、副交感神経にきちんと睡眠の際には切り替えられるべきなのですが、この交感神経が全然切り替わらなくなり、
睡眠を上手く取ることができなくなってしまうのです。
また、スマホやパソコンをチェックするうちに興奮状態になってしまい、これで逆に刺激を与えることにもなります。

 

これを感じると、やはり睡眠を取るどころか逆に目が冴えて、「全然夜寝れなかったなー」なんていう朝を迎えてしまうのです。
また、それだけではなく今話題のブルーライトと呼ばれる、スマホやパソコンの液晶からでる光も、あまりよくないのだそうです。
そもそもこのブルーライトは、朝日と光の状況が似ているといわれています。

 

よく考えてみると朝日は目覚めを良くするということが当然のごとくいわれていますよね。
そういった話をひっくり返してみると、やはりブルーライトは睡眠時にはよくないということが、よくわかるのではないでしょうか。
やはり、しっかりと睡眠の質を上げたいと思っている方は、脳に対してきちんと優しい環境にしてあげることが大切だということです。

 

もちろん、睡眠の質だけではなく目が疲れてしまう状況も作り、目が緊張してしまい、更にこれでも睡眠の質を下げてしまうことに
つながるので注意が必要です。

 

睡眠時は、しっかりとスマホやパソコンの使用はやめて、きちんと睡眠の質が上がるような睡眠方法を取り組むのがベストだと
いえますね。
そうしますと、悩んでいる疲れもきっと改善方向へ向かうはずです。
すぐ使用をやめることができないとうい方は少しずつ睡眠前の使用頻度を減らしてみるとよいですね♪